しわ予防のスキンケア。油分・水分を補って顔筋を鍛えましょう

このページでは、しわについて解説していきます。  [非表示

しわを防ぐ手立てはある

年齢を重ねるごとに増えていく顔のしわ。
しわは消すことができるものではない、年齢相応とあきらめている人も多いかと思いますが、周囲の人の顔をよく見てください。
例えば久しぶりの同窓会に顔を出した時、同じ年齢であっても、しわっぽい女性とあまりしわのない女性がいたりしませんか。
それって生まれつきの体質では?と思うかもしれませんが、そんなことはありません。

確かに体質もあるかもしれませんが、日ごろのケアによってずいぶんお肌の仕上がりに差がでるということは、しわに限った話ではありません。
少し肌力が低下し始めた30代の頃からしっかり継続的なケアを行うことで、将来に渡り、しわの少ない瑞々しい肌を保つことができる可能性が高まります。

逆に言えば、スキンケアをおろそかにしていると、将来的にしわっぽくなるリスクがあるということです。
もちろん、すでに顔のしわが目立ち始めているという大人の女性であっても、これからでも遅くはありません。
少しでもしわを軽減することで、見違えるほど若々しい表情を取り戻すことが可能です。

しわの原因について

大人の女性にとって大切なしわ対策について考えていく前に、まずはしわの原因についてお伝えしていきましょう。
しわ対策を講じるためにはやはり、しっかりその原因を把握する必要があります。

若い女性でも目元や口元で発生する小じわは肌の乾燥によって生じます。
肌というものはいくつかの層に分かれていますが、その表面に近い場所にある皮脂の膜と角質層が肌の潤いをキープしています。
この角質層が水分や油分を失うことで肌が乾燥し、小じわが生じるのです。

ここまでご説明してお分かりの通り、この小じわは肌への保湿によって解消されます。
しわの深さが浅ければ、それは小じわだと考えらえます。
もちろん、年齢が若ければ若いほど、小じわである可能性が高いのです。

年齢とともに発生するしわの多くが、これまで生きてきた中で癖になっている顔の表情によって生じているもので、表情じわとも呼ばれています。
例えば口を大きく開ける人は口元に、よく笑い人は目元にしわが刻まれます。
それはそれで、これまで生きてきた証というか、その方の年輪みたいなものなので素敵なのですが、気になる人は気になりますよね。

これは顔の筋肉、表情筋のエクササイズを定期的に行うことで、現在、もしくは将来に渡ってしわの少ない顔を手に入れることができる可能性が高まります。
もっともポピュラーな表情筋エクササイズは、少し大げさに「あ、い、う、え、お」を言うことです。
口を大きく開けたり尖らせたり、ことあるごとにやってみてください。
目安は1日10回くらい。
さすがに通勤電車の中では恥ずかしいですから自宅で、お風呂に入っているときなど最適ですね。

加齢によって肌がたるんだり、肌を支える繊維みたいなものが劣化することで発生するしわもあります。
額のしわやほうれい線がその代表例。
どうしても年齢には抗えないので、完全に解消することは難しいとしても、日ごろのケアによって、このしわの発生を遅らせたりすることはできます。

まずはしっかり保湿をすることです。
そして肌を維持するのに必要な栄養素を摂取する。
こういった行為を継続的に続けることが大切です。

瑞々しいお肌の維持に必要な栄養素は動物性、および植物性のたんぱく質です。
肉類や魚類、たまごや乳製品を食べることで体内でコラーゲンが生成され、肌の表面の繊維に働き替けます。
ビタミンCも必須ですね。
これは寝る前、2~3時間前に摂っておくと、ちょうど肌が生まれ変わる夜中に効いてきます。

スキンケアによるしわ対策

スキンケアに必要な基礎化粧品類のセレクトにも気を使いたいものです。
しわ対策にひつようなのは保湿成分。
香料や着色料、石油系の界面活性剤が使用されていないナチュラルな成分配合の基礎化粧品を選んだほうが良いでしょうね。

程よいマッサージも必要なので、マッサージもしやすいジェル状のものが最近のトレンドになっています。
また肌の表面を覆い、水分の流出を防いでいる角質層を傷つけることはご法度。
洗顔もソフトに、角質層を傷つけないように行うことが大切です。

あまり刺激的な洗顔料は使わずに、こちらも保湿成分が含まれているナチュラルなものを選択。
洗顔後は化粧水でたっぷり水分を補給して、さらに美容液や乳液などで、水分を逃さないよう対策してください。

また日常生活の中で肌乾燥や紫外線対策は重要になります。
ある程度の年齢になったら、外出時には紫外線対策をばっちり施し、日焼けして疲れた肌は帰宅後にしっかり休ませてあげるようにしてください。

時に最近の日差しは厳しいです。
外出時には帽子や日傘などで日差しを避けるようにしてください。
ちょっと意識を変えるだけで、将来のしわリスクが大きく軽減されることと思います。
しっかり継続的にお肌ケアを続けることで、しわの少ない肌を手に入れてください。