シミ対策にはメラニン抑制を。日焼け厳禁、ビタミンでケアを

スキンケア
このページでは、シミについて解説していきます。  [非表示

シミが発生するメカニズム

シミ

すっぴんの顔を鏡で映してみて、一番気になるのはシミだと思います。
小さなものであればメイクで隠すこともできるかもしれませんが、シミの面積が大きかったり色が濃かったりすると、ナチュラルなメイクでは隠しきれません。
シミを気にするあまり、どうしてもメイクも厚くなってしまう…そんな悩みを抱えている女性も多くいらっしゃることでしょう。

いったいシミって何なのでしょう?一度できてしまったシミを消すことはできないのでしょうか?そんな皆さんのお悩みに答えていきたいと思います。

まずはシミの原因ついて解説します。
シミは人間の身体の中に存在するメラニンという色素細胞が何らかの原因で肌の表面に現れることで発生します。
その最大の原因は紫外線。
基本的にはこのメラニンは紫外線の害から肌を守ろうとします。だから決して悪者ではないのですね。

しかし、このメラニンはずっと肌の表面に居座るわけではありません。
人間の細胞は一定期間で入れ替わる「ターンオーバー」を繰り返します。
健康的な人であれば、このメラニンの代謝とターンオーバーが正常に行われて、メラニンを体外に排出します。
ところがこの代謝が正常に行われないと、シミとして皮膚の表面に残ってしまうのです。

過剰な紫外線を浴び続けていると、常にメラニンを生み出す器官が刺激を受け続け、どんどんメラニンを発生し続けます。
ほどよい日焼けは良いのですが、例えば加齢などによって代謝が落ちてくると、確実に肌にメラニンが残ってしまうと認識すべきなのでしょう。

女性ホルモンと密接な関係があるシミ

メラニンを生成する器官、メラノサイトは女性ホルモンと密接な関係を持っています。
妊娠や出産、生理不順や更年期障害などの影響で女性ホルモンの分泌バランスが崩れ、このメラノサイトへの刺激が強まるといわれています。

体験されたかたはご存知かと思いますが、妊娠時に発生するシミというのはこういったメカニズムが影響しています。
普通は出産後、一か月足らずで薄まっていくのですが、免疫力が落ちていたり、他の要因と重なってしまうと、なかなか消えづらくなってしまいます。

ストレスもシミの原因となりえます。
精神的な負担によってホルモンバランスが崩れ、様々な身体的な失調をきたす可能性があることはすでにご存じかとは思います。
ストレスから身体を防御するために脳内から分泌されるホルモンがメラノサイトを刺激。
出産時と同様にシミを発生させてしまいます。さらに加齢が原因で発生するシミもあります。

正確には、老人性色素斑(しきそはん)と呼ばれています。
これは加齢によってターンオーバーが乱れたり、過去にあび続けた紫外線の影響で蓄積されたメラニンが要因となっています。
老人性と名称がついていますが、もちろん20代であっても、日ごろのスキンケア不足などによって肌の力が弱っていれば、シミが消えなくなる可能性だってあります。

そばかすもシミの一種と考えられますが、これはうまれつきのものと、紫外線によるものと二つの要因があります。
うまれつき、すなわち先天的なものは思春期に現れ、やがて大人になって消えていくケースが多いようです。
これは遺伝的なものが原因となっています。

肝斑は頬骨にそって現れる大きく薄いシミの一種。
主な原因はホルモンバランスの乱れと考えられていて、加齢やストレス、閉経などが原因で発生する、30代以降の女性特有の症状です。

シミの解消方法

にっくきシミの解消には、医療機関で治療する方法、自宅で薬を塗って治す方法とがあります。
医療機関で処方される薬には塗り薬と飲み薬の二種がありますが、症状に合わせて医師がいずれかを選択。
あるいは両方を併用して治療にあたるケースもあります。

もちろん市販薬の中にも優れたものがありますが、処方薬に比べてどうしても有効成分が薄く、効果が現れるまでの間、長い期間がかかり、途中であきらめてしまう患者が多いのは確か。
処方薬は病院で診察を受けなければ購入できませんし、場合によっては保険適用外となる可能性もあるので薬の代金も高くなるかもしれません。

ところが医師の見立てにより、症状にあった薬が処方されるため、市販薬よりは間違いなく早めに効果を発揮する可能性が高いです。
でも、薬を塗った翌日にシミが消えるということはないので、こちらも長い目で治療に向かうべきでしょう。途中で治療をやめてしまったら元も子もありません。
医療機関に通うか、市販薬で治療を続けるかはご自身の判断で良いかもしれませんが、しっかり効果が現れるまで続けてください。

どこまで続ければよいのか?判断がつかないという方は、やはりしっかり見立ててくれる医師と二人三脚で治療を続けたほうがよさそうです。
美容専門のクリニックでもシミ対策は可能ですが、薬による治療だけでなく、フォトフェイシャルやレーザー治療を勧められる可能性もあります。
お金に余裕がある人は試してみるのも良いでしょうけれど、ちゃんと評判の良いクリニックを見つけてから施術するようにしてください。